前へ
次へ

軽貨物の運送を行う事業用車両へユーザー車検を行う際の注意点

軽貨物の運送を行う事業用車両は定期的に車検を受ける必要があります。近年は費用が安く抑えられるといった

more

安心して軽貨物による運送業者として働くために必要なメンテナンス

軽貨物との運送業者として働く場合、車検はもちろんですが軽貨物による運送中に突然事故が発生するのを防ぐ

more

軽貨物による運送を安全に行うための交換の基準あるいは頻度

軽貨物の業務委託などの求人にて働いている場合、メンテナンスなどはすべて自分で行う必要があります。軽貨

more

軽貨物の運送業者にとって負担となる車検費用を安く抑える方法

軽貨物の求人にて雇用されているのではなく個人で軽貨物の運送業者を営んでいる場合、高額な費用のかかる事業用車両の車検は頭の痛い問題です。こういった軽貨物の運送用の車両のメンテナンスにかかる費用を抑えたい場合どうしたら良いのでしょうか。まず1つ目が車検の方法を変えることです。通常車検というと代行業者やディーラーを通して行うことが一般的です。しかしこういったディーラー車検の場合間にデイーラーなどの仲介が入るため、その分費用がかかってしまいます。一方ユーザー車検は軽自動車検査協会へ自分で車両を持ち込んで行います。間に入るディーラーがないため車検の代行費用がかからず費用を安く抑えられます。ですから車両のメンテナンス費用にお悩みの軽貨物の運送業者様にとってはメリットが大きい車検方法でしょう。ただしディーラー車検の場合業者側が検査に必要となる書類をすべて準備してくれるので手間がかかりません。一方ユーザー車検の場合は自動車検査証や点検整備記録簿などの複数の書類の準備が必要となります。中には検査当日に持参する必要がある書類もあるため、事前にきちんと確認をしておきましょう。またユーザー車検は予約制のため管轄の軽自動車検査協会への電話・あるいはインターネットからの予約が必要です。ディーラー車検の費用相場が6〜8万円、場合によっては10万円と高額になるのに対してユーザー保険は法定費用しかからないため4万円弱と車検費用を抑えることができます。また車の状態を自分で把握しやすいといった利点もあります。ディーラー車検の場合口頭で検査結果を伝えられるだけのため、自分で普段軽貨物の運オスに使っている車両の状態を確かめることができません。一方ユーザー車検は自分で検査ラインを通すため車両の各部分の正確な状態を知ることが可能です。ただし自分で検査ラインを通す必要があるため、初心者が行う場合はもたついてしまい、思ったよりも検査に時間がかかる可能性があることは注意した方が良いでしょう。

軽貨物運送業者をマッチング

Page Top